寝るというリズム

眠ることができなくても毎日布団に入り、寝るというリズムを体に覚えさせることが大事です。


ですが、なかなか寝ることができない場合は無理をせず、
眠くなるまで寝室を出て少し違うことをしても良いです。


そして、眠くなってきたらまた寝室に戻り寝るということをしてください。


このような生活をする事でしっかり体にリズムを覚えさせることで質の良い睡眠をとることができ、
朝も気持ちよく起きれるようになると思います。


しかし、睡眠時間が短すぎると効果を実感する事ができないかもしれません。


なので、しっかり寝て、健康な毎日を送りましょう!
健康情報 M.R.M 吃音(どもり)改善プログラム(中村しょう)完全レビュー

Categories: 未分類

Comments are closed.