クレンジングオイルの注意点

クレンジング剤には様々な種類がありますが、中でも洗う力が強いものといえば、オイルタイプのクレンジング剤だといいます。


オイルクレンジングは洗浄力が強すぎることから、皮膚に本来必要な皮脂成分まで洗い流してしまいがちです。


とはいえ、オイルクレンジングは肌にとってよくないものというわけではありません。


肌が乾燥に弱いタイプの人でなければ、メイク落としにオイルクレンジングを使うことに不都合はありません。


クレンジング時にどういった点に注意をしてオイルクレンジングを使えばいいのかを、知っておくことです。


クレンジング剤で顔を洗う時には、Tゾーンからつけるといいでしょう。


薄く繊細な皮膚にはクレンジング剤が長時間ついていないように、目の周りや頬は後回しにします。


皮膚に負担をかけないためには、できるだけ短時間でクレンジングを済ませることです。


そのためには、少し多めに感じるくらいの量のクレンジング剤を使いましょう。


油分を含む汚れは、クレンジング剤の洗浄力で溶かして水に流すものであり、こすって落とすのは誤った方法です。


クレンジングケアで大事なことは、汚れが十分にクレンジングの中に溶け出すように、顔に塗り広げるということです。


顔を洗う時の湯はぬるま湯を使います。


熱すぎても、冷たすぎてもよくありません。


肌へのダメージを与えないように配慮して、正しいやり方でオイルクレンジングを使うといいでしょう。

Categories: 未分類

Comments are closed.