反省を阻害してはいけない

3.11の震災の後、ある話が出ました。


【地震】蓮舫に国民の怒り爆発 / ネットの声「あんたが削った分だけ死者が出てる」
という内容で検索すると見れるでしょう。


以下はそれをチェックした人向けの内容です。


ここで、
 蓮舫さんを責めても何も解決しないのでは
とか
 いま蓮舫さんを責めたところで震災の被害が小さくなるわけではない
なんて意見がありますが、これは適切ではありません。


 賢人は他者の経験から学ぶ
 凡人は自分の経験から学ぶ
 愚者は何からも学ばない
蓮舫の「犯罪的行為」を責める事で、以前民主党に投票してしまった人に
 ああ、俺(あたし)は間違った選択をしてしまったんだ
という事を教えることが出来ます。


賢人なら、はじめから民主党には入れません。


しかし、凡人はマスゴミに騙されて民主党に入れてしまったことでしょう。


そんな凡人は「自分が間違った」事を認識しない限り、また同じ「過ち」を繰り返します。


 蓮舫を責める事は、蓮舫をどうかすることではありません。


蓮舫と「有害な仕分け」を支持する人に「反省を促す」「間違いを知らせる」事なのです。


もちろん、愚者には何をしても無駄です。


しかし、世の中は愚者より凡人のほうが多いのです。


蓮舫を批判することは
 解決への道
なのです。


確かに今の被害は減りません。


しかし同じ過ちを予防すれば、将来起きる被害を減らせるのです。


自分は救えなくても、自分の子供たちを救える。


子供は被害を受けても、将来生まれるであろう孫は守れる。


今だけ見ていてはいけません。


将来を見据えなければいけないのです。


論理的に考え、他者の経験から学ぶことが出来る賢人には、凡人を目覚めさせるよう努力する責務※があります。


感情に捕らわれ、今しか見えない凡人は、それを阻害してはいけません。


※義務ではありませんが、「わかっているのに黙っている」のは良くないことでしょう。


何しろ自分や自分の子孫も「被害者」の仲間入りするのですから。


■余談
美味しんぼ原作者・雁屋哲「自民党人柱隊を作って福島原発に突入せよ。

この、腐れ自民党どもが!」
なんてページもあったようです。


ここのコメントで、
 美味しんぼの馬鹿な作者と、それに怒る馬鹿な人たちがいる。


とか
 どうでもいいことでキレてる
とあるが、
 馬鹿な事を言えば怒られる
という事を認識させる事は重要。


認識させてあげなければ、馬鹿を繰り返す。


まぁ雁屋とやらが愚者なら、注意してあげても無駄だけどね。


後は本文と同じだから省略。

Categories: 未分類

Comments are closed.