ふくらはぎ、もむだけ健康法

ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。

ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており、ここをもむことによって血行が良くなり、冷えやむくみを解消するということです。


血液は重力により下半身に集まりやすいので、長時間同じ姿勢を続けていると血液が滞ります。

足に血液がたまると、全身にまわる血液の量が少なくなり、ほかの重要な器官に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。

これを防ぐには、ふくらはぎをもみほぐすことです。


ふくらはぎのもみ方
①床の上に腰を下ろして、両足をまっすぐ伸ばしてください。


②右足のひざを曲げて、ふくらはぎの内側を手元に引き寄せます。


③両方の手のひら、または親指でふくらはぎの内側から外側、足首のあたりからひざに向かって、ゆっくりと押していきます。


④ひざ下まできたら、今度は足首に戻ります。


⑤右足が終わったら、同じ要領で左足をもみほぐしましょう。


右足、左足ともに、3分程度もんでください。

ついでに、足の裏ももんでおきましょう。

Categories: 未分類

Comments are closed.