食品添加物のニコチン酸(強化剤)の過剰摂取

ニコチン酸を古い肉に使用して、新鮮な肉に見せかける手口が、食肉業者
で当たり前のように行われていたのだ。


それ以来、ニコチン酸は食肉や鮮魚魚介類には使用できなくなったのだが
、このように、行政は具体的な被害が出てからでないと動かないのだ。


それどころか、現在はニコチン酸に代わり、ある添加物が古い食肉を新鮮
に見せるために使われている。


「牛肉によく使われています。


真似するものが出ると困るので、物質名は明らかにできませんが、この添
加物を、古くなって赤黒茶けた肉の表面に塗ると、見事なまでにきれいな
赤色になり、新鮮な肉に見えます。


でも表面の肉を一枚剥がすと、中は赤黒茶けた色のままです」
(食肉業界関係者)
食品添加物は消費者のためではなく、業者の利益のために使われていると
いう事を、私たちは忘れていけない。

Categories: 未分類

Comments are closed.