金利が上がればカレンシーも上がる

それとFX会社が倒産しても元手が戻ってくる(信託保全)会社を選定することはちかごろでは大切ですね。

もし暴落して損失になったら、ポジションは早急に損切りを行うのがいいと思います。

取り戻すかもしれないという変な安堵は暴落時には持たないように。


負ける投資家の特質は、小さな損失が心配で損切りを渋ることですね。

どんなテクニカル指標も弱点がありますから、1つの指標だけでレートを予期するのは難しいです。

2つの指標を組み合わせて予測するのがベストな用法です。


「経済成長率」を考えて、国内総生産(GDP)をもとに、経済の活動規模がどれだけ拡大したか、景気の上向きの割合を表した指標のことです。

テクニカルとファンダメンタルズ分析の両方にアタックして相場の傾向を総合的に色々な視点から観測するようにするのを目標としてください。

今の相場現状は、ボラティリティが激しい時代なので、レバレッジも低めに設定したいものです。

Categories: 未分類

Comments are closed.