用語はサイトを見ながら

マージンコールやロスカットルールは辛いですが、トレーダーの元手がゼロになるのを敬遠する仕組みと考えればOKです。

スワップをコツコツ貯めて地道に遂次稼ぐのか、トレンドに乗って為替差益を狙って儲けるのかによって、トレードスタンスも変わってきますね。


利確した後になって予想外に上昇し続けた場合、もっと儲けることができたのに、と後悔してやる気が下がりますが、傾向を読み損ねたということなのです。

それはさておきこれは人間心理の弱点ですが、収益は早く確定しロスはなかなか確定できないのが通常なのでしょう。


ドル円はほとんどの場合わりにボラティリティが緩やかなので、レバレッジは3倍から4倍程度でいいでしょう。

たいていは、為替の流れに追従していくMACD(マックディー)と、通貨の振幅を測定するスローストキャスティクスを使い分けることは有効です。


日銀展望レポートというのは日本銀行の政策委員会が公表する経済と物価情勢のレポートのことです。

GDP、消費者物価、国内企業物価の予想が示されます。

Categories: 未分類

Comments are closed.