両方に挑戦してレートの

いずれにせよ成果はどうあれ、作戦にのっとって踏ん張りを示すのが普通です。

長期投資の重点は、チャート上のスキルではなく、世界的な経済の情勢を色々な着眼点から分析するファンダメンタルズ分析が戦略となります。


中期投資の要は、細かいボラティリティにとらわれずに、ある程度の期間は余裕をもって情勢を見守るくらいの気持ちが稼ぐノウハウです。

テクニカルとファンダメンタルズ分析の両方にアタックして市場のトレンドを総合的に色々な視点から観測するようにするのを希望としてください。

為替の変動の心配なしに可能なら安定して増やしたいという人もいますね。

そしたら、スワップ金利で稼ぐのもFXの用法でもあるわけです。


評価損というのは保有ポジションをそのときの市場レートで評価した場合に、計算上出ている損失のことです。

Categories: 未分類

Comments are closed.