「アセットアプローチ」とは?

「アセットアプローチ」とは、ある時点の人々の金融資産の外貨建て比率や保有高が通貨の需給関係に影響し、外国為替相場の決定要因になるというものです。


長期投資のツボは、チャート上の技術ではなく、世界的な経済の状況を多種多様な着眼点から分析するファンダメンタルズ分析が戦略となります。

また、基本的に順張り系であるMACDのサインがいまだに明確にでていないときは、単純に儲けることが可能な通貨が明確にはない様子を意味しますので、警戒が必要です。


FXでおおきく損失を出す投資家の性質は、要因なくレートが回復するだろうという期待を抱くことなのです。

ロスカットは大切です。

逆張りは底値で買うタイミングをつかめば大きな利益の確率があるのが良いところです。

ところが、予見が外れたときは大きな損失を被るリスクもあります。


それにしてもシステムトレードを使用すれば、感情をはさまずに注文できるので無益な心配を抑えられますが、必ずきっちり稼ぐという保証はないのです。

スキャルピングはいつも取り引き画面に張り付くのが苦痛でない性格を持っている方でないと最も困難なといえるトレードでしょう。


ポンド円(GBP/JPY)は推移が高い通貨ですから、利益の巨大化につながりやすいですが、危険も高いので警戒が必要です。

Categories: 未分類

Comments are closed.