仕事上の評価 その⑧

たとえ、このような手段を用いても、個々の事例については、個々人の労使問題として軽く跳ね除けられるかもしれません。


よって、先に述べましたように、一労働者としては、転職という形で、別の環境に移ることを余儀なくされるかもしれません。


しかし、そうした主張が、世間にて度重なることにより、総じて、一定の労働に対して、一般労働者の要求する評価の基準が設けられることとなるのです。


それにより、市場競争を勝ち抜くために、雇用側が一方的に設定した一定の仕事に対する評価と生身の労働者のその仕事に要する能力との調整がなされることとなるでしょう。


それが功を奏すれば、労働者は快適な労働生活を送ることが出来るようになるのです。

Categories: 未分類

Comments are closed.