良い人でいたいという願望

どうしても集団になると、善人でいたいなるべく波風たてたくないなど
我慢することも多い
いつもいつもブチ切れている必要はないけれど、いつもいつも善人である必要もない
自由に、失敗してもいいくらいの気持ちで
嫌われてもいいくらいの気持ちでいられたら
本当に素直な自分を表現できるんだけど
なかなかそうもいかない
ましてや集団になると、お互いがお互いを品評しあってたりするから厄介
あの人は良い人、あの人は悪い人のカテゴリーわけとか始めちゃう
なんてこいつはこういう人だっていうレッテルをはりたいかと言ったら
その方が自分が楽だから
そんな他人の決めたレッテルに左右されて
いつも善人でいなきゃならないなんてやってたら
それはそれは心のない優しさと緊張感のある窮屈さなわけで楽しくない
たまにはハチャメチャにアホなことして、自分で自分につけてしまったレッテルはずしてみませんか

Categories: 未分類

Comments are closed.