顧客の思いで作りのお手伝いをするのが、サトーカメラのビジネスモデル。

メーカがコマーシャルを打てるのは、製品の10%程度。


大手家電はそれに向けて販売する。


では、宣伝しない残り90%は、どうなるのか。


大手量販店では売れない。


チラシに乗らない・TVコマーシャルもない製品です。


サトーカメラは、ここに着目


調べて売れると思う商品をこの90%から選びます。


仕入れます。


そして、お客様に納得行くまで説明するのです。


ですから、競争が無い、大手量販店が、売れない商品をうるわけですから。


大手が、これを仕入れて販売しようとしても、「説明ができない」から売れない。


当然返品になる。

そうすると、サトーカメラが、安く仕入れることになる。


ポイントカード・安値競争とは、次元を違えて、
新しいマーケットを開くのがサトーカメラのやり方。


製品の10%のチラシとメーカーのTV宣伝が命のビジネスモデル。


その他の90%から、すばらしい製品を探し出し、
顧客の思いで作りのお手伝いをするのが、サトーカメラのビジネスモデル。


■[参考] デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。

Categories: 未分類

Comments are closed.