にきび予防に有効な洗顔の方法

正しい洗顔は、にきび予防のためのスキンケアの基本中の基本です。

洗顔はにきびを予防するためにも、なるべく早くできたにきびを解消するためにも必要なものだといえます。

皮膚を力任せにゴシゴシこすったり、過剰なクレンジングをすると、余計に肌を傷めてしまいかねません。

にきびを防ぐために大事なことは、正しい洗顔方法をマスターすることです。

汚れや不要な油分は取り除きながら、皮膚にダメージを与えすぎず、皮膚に必要な水分まで失わせてしまわないことが、洗顔をするときのポイントです。

ぬるま湯で顔を先に少し洗っておきます。

あまりにもお湯が熱いと失われてしまうのが皮膚の水分なので、30~34度のお湯を利用するのがおすすめです。

さっとぬるま湯で顔を洗うだけで取り除くことができるのが、汚れの70%程度です。

もし洗顔料を使うのであれば、しっかりと手のひらで泡立ててからがおすすめです。

弾力のある泡ができたら、泡だけで顔に触れるくらいのつもりで顔に泡をのばしていきます。

自分では少しの泡しかできないという人は、泡立てネットが販売されているので利用しましょう。

顔を泡で洗顔したら、しっかりぬるま湯で洗い流しましょう。

よく水分を吸収するタオルを、洗顔がすべて終わったら顔を摩擦せず押すようにして顔の水分を取りましょう。

洗顔を毎日丁寧に行うことを心がけることによって、にきびの予防と早期改善を目指しましょう。


【PR】フェイスソープLC

Categories: 未分類

Comments are closed.