コピー屋さんの大変身 カラー+ネット

ここにも、この店の歴史があり、現在があるといえます。


印刷機1本でできた時代の変化に、コピー機をいれて、
周辺の企業ニーズに対応。


次第に、コピー機の需要増・カラー対応までの拡充と
周辺企業のニーズにあわせた印刷業からの乖離
時代は、ネット時代へとの移行では、ネット通販へと
早々参戦。


息子さんの年齢(30歳?)から逆算すると、20歳
には、インターネットにどっぷり浸かれる時代です。


大学で、基礎は学んだはずです。


その息子さんが、メールでの受注専門員
内容は、親父と相談して対応。


プリンターを使うか、オフセットでやるかは、
案件により選択。


事務用小物印刷のジャンルは、「任せなさい」
とは、ネットでいっていません。


それより、月100万通しという数量は、
単なるコピー屋ではないことは明らか。


「やまもと印刷」をキーワードにGoogleで検索してみてください
トップに出てきます。


HPは、今風に言う「クール」ではない。


ダサイ部類に入る仕掛けです。

Categories: 未分類

Comments are closed.