映画で悪役っぽいときがあるガブリエル

今まで謎なのですが、ガブリエルが神に逆らって堕天使のような感じになってしまっている映画「コンスタンティン」キアヌ・リーブス主演、と映画「レギオン」でポール・ペタニーがミカエルを演じ、ガブリエルは悪役っぽい感じですが、その2点の他ガブリエルいつからそういう風に描写されるようになったのでしょうか。


その根拠となるのが天使ドゥビエルがガブリエルを一時的に神のもとから追い出したことに始まっているのです。

元の始まりは神がイスラエルに怒りを覚え、万能の戦車を使って焼き尽くす仕事をガブリエルに任せた。


その仕事に気乗りがしなかったガブリエルはわざとのろまの天使を相棒に選びぐずぐずして神を欺く手段を使った為、神の怒りを買ったという部分から堕天使として表現されている時があるのでしょう。


【PR】
大阪の占いスクール

Categories: 未分類

Comments are closed.