どもりは生まれつきではない。

今までの研究では、どもりを根本的に解決することは難しいと言われてきました。

しかし、最新の脳科学の研究によって、どもりはある程度解決できる症状という研究結果が出ています。

どもりの症状で悩んでいる場合は、あがり症とも関係していて大勢の人前で話すことが苦手な人が多いのです。

それはどもるからではなく、一度失敗した経験を、脳が強烈な体験として覚えていて、それがトラウマとなって2つの症状になって出ている場合が多いのです。

どもりは「またうまく話せないじゃないかな。

」という苦手意識がさらに症状を悪化させている可能性が大きいのです。

最新の脳科学を取り入れたどもりを克服するためのプログラム、M.R.M 吃音(どもり)改善プログラムをぜひ試してみてください。

Categories: 未分類

Comments are closed.