今年のプロ野球の交流戦を終えて

今年のプロ野球の交流戦も終わりました。

パリーグがかなり有利かと思われましたが、今年はセリーグもよく頑張ったほうだと思います。

広島は強豪のパリーグのソフトバンクと同じレベルで頑張ることができました。


ただ巨人とヤクルトが負けすぎたと思います。

特に巨人は主軸の阿部の不調があるにせよ、抑えの外国人投手を外人枠の関係で登録抹消したことが大きく響いたと思います。


打線の強化の意味合いを含めたものだったと思いますが、生命線でもある勝利の方程式を崩すことは大きなリスクを伴います。

オリックス戦で9回2アウトからどんでん返しを食らったことを考えると、余計にそう思います。


ヤクルトはエース小川の離脱と主力の故障が大きかったです。

これからは夏場に向けてリーグ戦に再開になりますが、再び白熱したペナントレースになることを願っています。


【PR】スカパー解約 手続き方法や解約のコツを紹介中!

Categories: 未分類

Comments are closed.