試験中にお腹が痛くなって退室

高校時代の期末テスト試験中に、急にお腹が痛くなってトイレに走った苦い思い出があります。

冬季だったので、お腹が冷えたものと思われますけれど、よりにもよってこれまで赤点ばかりで再試験を受けまくっていた物理と化学の試験時間にこれになってしまい。

仕方なくトイレへ行って、その後試験監督に話をし、保健室に行ってそこで治まってから受けることに。


『横になって痛みを和らげる』
あまりにも痛い腹痛だったので、保健室にて試験をすることになったのですが、その時の対応はやはりベットに横になってその場をしのぐことでした。

座ることがかなり苦痛になっていたので、横になっているときは痛みが引いてよかったのです。


『とにかくお腹を冷やさないように、カイロを腰に貼る』
試験はなんとか保健室で乗り切る事が出来たのですが、それ以来冬季は腰に貼るカイロをいれて登校するようにしていました。

腹巻も考えたのですが人の目もあるので、カイロがベストかと思います。

あと、冷たいものを急いで飲まないことですね。

お腹を急に冷やしてしまう結果に下痢治らないので、できれば暖かいもの、もしなければ冷たいものを口に含むぐらいにして飲み干さないように徹底しました。

Categories: 未分類

Comments are closed.